Entity Building: 2020年のEntity SEOにおける10個の最高な最適化方法

0
137
entity_seo-2

Entity とは?それはどのようにSEOと関連していますか?
・Entityはなぜ重要なのですか
・Entityに応じて最適化手法は何ですか?

本記事では、上記の3件を詳しく回答させていただきたいと思います。またウェブサイトでEntity Buildingできるように詳細的な手法も提供いたします!
さあ。。。今すぐ始めましょう!

なぜSEOにおけるEntityが重要なんですか?

次の3つの理由により、全体としてみるとSEOはますます困難で複雑になります。

1.グーグルは、前より多くのmachine learning を使用しています。
様々なアルゴリズムが継続的に公開されるためグーグルの原則を把握またはGoogleが何を望んでいるかを実際に理解することは困難です。
2.有料検索(Paid search)を使用するのはますます費用がかかります。
お客様を見つけるのに少なくない会社が有料検索から自然検索に変更するようにする最大の理由は有料検索のコストが多いということです。これはGoogleに直接直面している三番目の理由につながります。
3.あなたはGoogleと直接に競争しています。

entity-seo

例えば、靴購入というクエリの検索結果から見ればユーザーがGoogleでこのキーワードを検索すると、結果ページの上部が表示されていることがわかります。

Googleはすぐ質問を回答でき、検索目的を満たすことができます。

検索目的は購入だったらGoogleは広告があるショッピングページの結果を表示します。 さらに、Googleはその製品を購入られる場所の結果を地図の形式で表示させることができます。

検索目的は情報を調べることの場合にGoogleがあなたのお問い合わせを直接に回答します。

90%以上のSEO担当者はまだGoogleがトラフィックをWebサイトに配信することを変えたのが知らない。
現在、Googleは検索結果ページ(SERP)でユーザーの質問やお問い合わせなどをこたえようとしています。

つまり、いたクリック数が少なくなります(ユーザーはウェブサイトをクリックする必要がなくても結果ページで回答が見えます)

SEO OnpageにおけるEntity:コンテンツ制作

トラフィックを上げるのみならず他のサイトへも遷移できるようにどのように正しいコンテンツを制作するのか?

よくある状況として、共有ではなくランキングを競うために書かれるコンテンツが増えています。

以下は、Twitterのシェアと生成されるコンテンツの量の相関関係を示すBuzzSumoの調査です。

公開されるコンテンツの量は増加していますが、共有されるコンテンツの数は減少しています

そのため、エンティティに応じてコンテンツを最適化し、最高のユーザーエクスペリエンスを提供するだけでなく、検索エンジンでの表示とランク付けを向上させる必要があります。

Entity とは

Entity(エンティティ)は、場所・人・組織・イデアル・概念などを示す抽象概念である。

エンティティとは何ですか? なぜエンティティが2020年に新しいSEOトレンドになるのか?

たとえば、次のテキストでは、Googleがさまざまな種類のエンティティを、人々、Googleのような組織、2007年のようなマイルストーン、米国のような国として認識していることがわかります。

これは、Googleが言語とテキストコンテンツを理解する能力または自然性を徐々に完成させた方法です。
エンティティを定義しなければならなかったら、これらは意味面でお互いに関連するエンティティであり,グーグルが文字通りと比喩の意味を理解できるのに役立ちます。

エンティティは明確なオブジェクトであるだけでなく、概念・アイデア・トレンドにもなります。

なぜGoogleがエンティティの抽出に気になるのか?
実際にGoogleは常にエンティティの抽出を防止するのが頑張ります。
多くの人はソーシャル・シグナル(FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアでの共有され、関心を集めているかを判断するための指標のこと)が重要になると考えていた時期がありました。理由は人気度からGoogleがコンテンツが適切かどうかわかるということです。しかし、現在エンティティがソーシャル・シグナルを代わりました。
エンティティを使用すると、データを詳細に説明し、情報を簡略化することで、Googleがブランドや会社を簡単に理解できるようになります。

Entity SEO抽出&GoogleがどのようにEntityを抽出するのか?

エンティティ抽出とはテキストから人・場所・イベントなどのエンティティに関する情報を引き出することです。それからこれらの情報を分析します。例えば、“社員”や“部門”といったエンティティ(実体、管理対象)を切り出し、“社員”には社員番号、氏名、入社年月日、性別、生年月日などの属性を定義していきます。
エンティティを自分で抽出する場合は、次の4つの要素が必要です。
エンティティを認識するための場所やMREIDなどのIDです。簡単に言えば、URLのようなものですが、そうではありません。
MREIDは、単一のエンティティ(人、場所、ランドマーク)を指定するために書かれた文字列(通常は文字と数字)です。 例:/ m / 0qs4dyq
2つ目はビッグデータです。コーパス(corpus)やGoogleインデックスのおかげで、Googleには巨大なデータベースがあります。
“FreebaseやWikipediaなどの大規模なナレッジベース。 Googleは何年も前にFreebaseを購入しましたが、まさにこの目的のためです。

属性は基本的にエンティティ間の関係であり、Googleがその背後にある概念を理解するのに役立ちます。
“Googleは2012年に、約500のエンティティ、ナレッジベースに35億の情報を含むデータの一部を公開し、このデータはすべて約7年前に更新されました。

この数が今日どれほどひどいか想像できますか。

GoogleはWord2Vecと呼ばれるアルゴリズムを使用して言語認識を高めました。”

Word2VecアルゴリズムはSkip GramsとContinuous Bag of Words(略してCBODである) という2つの小さいアルゴリズムに基づいています

基本的に、このアルゴリズムは単語を組み合わせし、位置が近い言葉を分析してテキスト内でに単語がどのようにリンクされているかを理解します。

Word2Vecに対しては、Googleがワード図を作成するまたは文字を数字に交換します。それからこれらの数字はベクトルまたはチャートとして表されます。

Googleは、異なる言語間で同じ関係にある単語を理解します。

例えば、最初のグラフでは1,2,3,4,5という数字があり、それぞれの数字は英語でone, two, three, four, fiveという意味ですが、これらの数字はベトナム語でも同じ位置にある。
以下は、最初のグラフ上に豚や馬や牛などのワードがあります。これらのワードは英語で pig・cow・horseという意味でベトナム語でも同じ位置にあります。

ワードを数字に交換すれば、ワードは概念になって数字は使っている言語に全然関係なくなります。

ベクトルをつながりなら言語と国の関係がわかります。例えば、東京は日本の首都でハノイはベトナムの首都であり、2つの関係は同じです。

‘THINGS NOT STRINGS’ (物は文字列ではないこと)

この原則は、ページにある単語の数だけでなく、これらの単語の意味も理解するのに役立ちます。これは、ユーザーが何を探しているのかを知り、どの情報を知りたいのかを知っています。

このアルゴリズムをチャートと考える場合、ここのエンティティは交差(ノード)であり、関係は交差ポイントを結合するときのエッジです。

Googleで「2012年のアメリカ合衆国大統領候補」というキーワードで検索すると、ミットロムニー、ロンポール、ゲイリージョンソンのような結果が得られます。これらはすべて共和党の大統領候補であり、まだ生きています。

しかし、実際には、アンドリュージョンソンやリンドンBジョンソンも共和党の一員であるなど、多くのジョンソンの家族名があります。

次に、ミットロムニーとジョンソンはすべてメディケア(連邦健康保険プログラム)に関連しています。エンティティ間の上記の関係はすべて、これらのエンティティの性質をGoogleが理解するのに役立ちます。

10億回を超えるレベルを見ると、Googleに通知するためにキーワードを詰め込む必要があるキーワード密度だけでなく、Googleの認識が新しいレベルに引き上げられています。 あなたは何について書いています。

この原理はナレッジグラフアルゴリズムに適用されており、右側の列でGoogleはキーワード「スイカ」に関するさまざまな情報を提供しています。
この原理はカルーセルにも反映されます(図の赤丸で囲みます)。明らかに、Googleはすべてのiphone、apple watch、ipodなどの行がApple製品に属していることを理解できます。

また、この原則はSERPに適用され、キーワードAirbus A380を入力すると、Googleが自動的に民間航空機の検索結果を生成します。

Googleはまた、2012年にGoogle検索の責任者であるAmit Singhalが発表したこの方法での変更についても発表しています。

専門家はこのグラフ(グラフ)と呼んでいます-現実世界のエンティティを他のエンティティとの関係にあるものとして理解する能力:文字列ではありません。 -アミット・シンハル

おそらく「文字列ではないもの」をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、これは本当に革新的であり、キーワードとテキストの密度からテキストの実体に変わります。

今年は多くの更新があり、エンティティとエンティティ抽出を目的とした単一の更新ではなく、これらの更新は相互に関連していると思います。

これらの更新は、Googleが記述されている言語とコンテンツを理解できる自然言語の理解を深めることを目的としています。

サイトにエンティティを展開する10つのヒント

Webサイトだけではなくブランド構築も必要である

つまり、あなたのブランドは、他の有名な有名ブランドが持っているすべての基準をGoogleに提供する必要があります。

  • ソーシャルネットワークアカウントを作成する
  • トピックの内容
  • ロゴ
  • ドメイン
  • AdWordsアカウントを作成する

ソーシャルアカウントをウェブサイトにリンクする…
どのドメイン、ロゴ、マップが重要なシグナルです。 だから、ウェブサイトに会社のアドレスを追加することを忘れないでください。 そして、あなたは間違いなく多くの異なるトピックの専門家になりたいです。 したがって、2番目の提案を読んでください。

奥行きのあるコンテンツを作成する

したがって、詳細なコンテンツを作成するには、最初に、単一のトピックを中心に展開しながら、そのトピックに関するミニチュアライブラリーとしてすべての情報をカバーするコンテンツを作成する必要があります。それが、トピッククラスター方式です。 4月上旬に紹介したトピッククラスターで)

さまざまな混合トピックに関する一連の記事は避けてください。 このページでは、特定のトピックに関する必要な情報をすべて見つけることができます。

Google自然言語APIを使用する

cloud.google.com/natural-languageにアクセスしてAPIにログインし、ここにテキストをコピーして直接テストして、そのコンテンツでGoogleがエンティティを見つけたものを確認できます。

以下は、Googleのサンプル記事の図です。

Googleは、概念、場所、人、ブランド、その他の小さな情報を特定できます。

以下も見つけることができます:

-各エンティティについてのSentiment(感情)-そのエンティティを否定的または肯定的な文脈で書いていることを意味します。
 –Salienceは0から1までの値で、作成している記事のコンテキストでそのエンティティがどれほど重要かを示します。

この記事では、バックリンク、リンク、Cheirankなどの重要な概念について述べました。そのため、これらのエンティティは、可能な限り高いsalienceスコアで上に表示されるようにします。

Googleは、特定のトピックに関するウィキペディアの記事に関するリンクを挿入することもあります。 これは、Googleがエンティティを理解するためにウィキペディアに大きく依存していることを示す良い兆候です。

そして今グーグルはあなたの記事がウィキペディアがエンティティに関する独自の記事を持っているエンティティを含んでいると言います。 そこから、Googleがページの信頼性または特定のトピックに関する記事の信頼性を知っていることが保証されます。

見逃されがちなもう1つの優れた機能は、カテゴリです。 同じランディングページ、同じAPIを使用すると、Googleはコンテンツが何であるか、および属していないかを認識します。

コンテンツを作成していて、最適化されているかどうかを知りたい場合は、ここにコピーして貼り付け、Googleの提案に従って変更してください。 最も重要な概念は、結果の最も重要なエンティティに対応している必要があることに注意してください。

コンテンツ構造の作成すること

これはSEOに関しては基本的な知識のように思えるかもしれませんが、もう一度強調したいと思います。

コンテンツは読みやすく、理解しやすく、多くの見出しと表を使用できる必要があります。 Googleはこれらを気に入っています。

箇条書きまたは番号付けを使用するリストはすべて、ユーザーやWebクロールシステムとのコミュニケーションを改善するのに役立ちます。

コンテンツ構造が標準的であればあるほど、コンテンツ、セクション、段落、単語が組み合わされている重要性がGoogleで理解されます。

ソース、作者の名前を含めることを忘れないでください。 E-A-T(専門知識と権威の略)をめぐる多くの議論があり、信頼性の高い信頼できるページがSEOの重要な要素になりつつあります。

SERPに基づいてSEO標準コンテンツを変更する

ばかげているように聞こえますが、これは高品質のコンテンツを再生する効果的な方法であることが証明されています。 つまり、SERPでのGoogleの結果を利用して、どの情報が最も重要かを知ることができます。

この部分はGoogleによってベトナム市場に実装されていないため、「体重を減らす方法」から「体重を減らす方法」を英語に切り替え、「人々も尋ねる」を参照できます。

展開をクリックすると、Googleからさらに質問が表示されます。 これらの質問を段落、小見出しとして使用し、記事がここですべての重要な情報に回答することを確認してください。

また、利用可能な場合は、ナレッジグラフのセクションも確認してください。 これは、トピックの中心に到達するのに役立つ非常に貴重な情報です。

または、ページの下部にある「関連する検索」または「人も検索」、「人も探す」からアイデアを得ることができます。

一般的に、SERPをよく見るだけで、コンテンツの概要を簡単に収集できます。

Schema

よく知られているように、スキーマとスキーマjson-ldを使用する必要がありますが、非常によく似たのはitempropタグを「同じ」にすることです。

このコードは、「この組織はウィキペディアneに関するこの記事で言及されている組織のようなものです」または「これはこのブランドのソーシャルプロファイルです」のようなものをGoogleに通知するのに役立ちます。

したがって、ページに構造化データを挿入するときにこのタグを追加して、エンティティ間の直接的な関係をGoogleが理解できるようにします。

検索日程に従って最適化する

コンテンツを作成するときは、ユーザーがどこからアクセスしているか、検索のどの段階にいるかを知る必要があります。

ユーザーがサイトに見つけるために入力するすべてのクエリ、すべてのキーワードには、過去と未来があります。 ユーザーが以前に検索したステップと次のステップを自問する必要があります。

そこから、関連記事としてさらに記事を追加したり、コンテンツに直接挿入したりできます。

さらに、パンくずリストの追加、ページへのナビゲーションにより、ユーザーはサブジェクトや任意のフィールドで探しているクエリを知ることができます。

そのため、以前に、さまざまなトピックに関するさまざまな記事を拡張するだけでなく、主題に関する情報のライブラリを作成することをお勧めしました。

検索目的を満たす

今日、ユーザーの検索目的を直接満たさない場合は、ランキングに表示されません。

Googleは検索の目的を、前述のとおり、情報、ナビゲーション、製品レビュー、購入など、4つの基本カテゴリに分類しています。

検索結果を見ると、Googleの観点から、検索の目的がここにあるかどうかを判断できます。たとえば、「スニーカーを購入」というクエリでは、ユーザーがスニーカーの靴を購入したいと思っていることは明らかです。

ユーザーが質問した場合、明らかにここでの検索の目的は情報のためです。つまり、表示された検索結果に基づいて、ユーザーのさまざまな検索目的を完全に知ることができます。

それは簡単に聞こえますが、いつもではありません。たとえば、「独立記念日」というキーワードを使用します。ほとんどの場合、Googleでこのキーワードを検索すると、映画「独立記念日」に関連する一連の結果が表示されます。

しかし、それが4/7になると、結果は休暇に再び現れますか?時々、検索やエンティティの目的が変わっていると言えます。ユーザーの検索意図も時間を変更します。

アップルを指すなど。アップルを区別する方法は、有名なブランドの名前または果物の名前ですか?もしAppleが今日ほど有名ではなかったとしたら、状況は変わっていただろうか?

これを念頭に置き、検索結果に目を光らせて、Googleが何を求め、何を変更するかを理解してください。

上位5つの検索結果を参照する

上位5件の投稿を参照して、競合他社が書いている内容を確認し、それらよりも上手に書こうとすることを忘れないでください。

必ずしも正しい5件の投稿を表示する必要はありません。 数は重要ではありませんが、核となるのは、対戦相手が何を書いているのか、彼らのサブトピックは何か、そして整理されたコンテンツの構造を観察する必要があるということです。

その後、同じまたはそれ以上を行うことができます。 情報が不足している競合他社の記事を見つけて、Googleで上位に掲載されるように記事を補足できます。

クリック率(CTR)の低下を避ける

ユーザーシグナル(Googleがウェブサイトのランキングを決定するユーザーの行動に関するシグナル)が重要であることは誰もが認識しています。 クリック率やサイト滞在時間はユーザーシグナルと見なされます。

今年のメジャーアップデートの影響も受けている場合は、Search Consoleにアクセスして、ページのトラフィックが失われるまでのCTRを確認し、CTRがアップデートの影響を受けているかどうかを確認してください。

したがって、スニペットとコンテンツを最適化できるように、定期的にSearch Consoleにアクセスして、CTRが低いクエリを確認する必要があります。

投稿が検索目的を満たしていることを確認するか、コンテンツが古くなっている場合はコンテンツが不適切であることを確認し、新しい投稿を最適化します。

結論:

この時点で、SEOにおけるエンティティの詳細と、Googleがエンティティ間の関係をどのように認識するかについて詳しく説明しました。

そして最も重要なこととして、あなたはエンティティをあなたのウェブサイトに適用する10の方法を学びました。 どのように適用しますか? 結果を教えてください!

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here