検索インテントとは何ですか? 2020年にSEOコンテンツを改善する最新の方法

0
98
search-intent

Googleの質の高い検索結果をユーザーに提供する旅程は、ここ数年で連続して変化しています。Googleはぐんとに発展し、従来のSEO要素だけに頼るのではなく、ユーザーが探しているものを正確に提供しています。

そのプロセス全体を通じて、検索インテント(Search Intent)はますます重要な要素となっており、投稿のバックシンク、タイトルタグなどの古いSEOランキング要素よりも検索結果を左右しています。 現在Domain Authorityでさえはもう2010年から2015年までほど重要ではなくなります

本記事では、次のことを理解するのに説明いたします。

  • 現在の主な検索インテントの9つの種類及びそれらの種類を分類方法
  • ユーザーに良い内容を提供しながら、相手に勝利できるの両立を図るのに検索インテントをコンテンツ改良に応用し方
  • では、これから一緒に検索インテントについて調べましょう!

2000年代に比べて現在の検索インテントの思惑は、あまり変わっていません。

この数年によくあう検索インテントの分類には、2つの方針があります。

ほとんどの人が知っている1つ目の分類法:

  • (ナビゲーション)
  • (インフォメーショナル)
  •  (トランザクション)

このメソッドは、AltavistaのAndrei Broderによる2002年のレビュー記事に基づいています。

Broderの記事では、下記のように検索インテントの種類を定義しました。

ナビゲーション:最初の目的は、特定のWebサイトにアクセスすることです。
インフォメーショナル:さまざまなWebサイトでいくつかの模擬情報を取得する目標です。
トランザクション:目的は、Webサイトでいくつかのアクティビティを実行することです。

2010年代前半には、Googleは検索インテントについて言及し始めました。Googleが「micro moment」の概念を思いつきました-ユーザーの意図が最も高い瞬間であり、検索意図を以下に分類します:

  • 知りたい(Know)
  • 行きたい(Go)
  • やりたい(Do)
  • 購入したい(Buy).

「ナビゲーション・インフォメーショナル・トランザクション」と比較すると、この検索インテントの分類方法はユーザーに近いようです。

上記の2つの分類システムは、初心者の学習者が検索意図(インテント)の性質をすばやく理解するのに役立ちます。 しかし、ユーザーの検索意図を理解する上で、それらは実際には正確ではありません。

なぜかというと、検索目的が広すぎる、または重複しているキーワードがあるといことです。

たとえば、「漢字フラッシュカード」キーワードに対しては、ユーザーが漢字フラッシュカードの概念について学びたいか、または漢字フラッシュカードを購入したいかと思いますでしょうか?

SEO担当者およびコンテンツ制作者は、各クエリの背後にユーザーの検索意図(インテント)が正確に把握することでユーザーにより良い価値を提供し、作業結果を改良する、つまりSEOの品質を向上させる方法です。

では、コンテンツ改良に効果的に適用できる検索インテントをどのように分類すればよいでしょうか? 次のセクションに行きましょう!

Entity Building: 2020年のEntity SEOにおける10個の最高な最適化方法

検索意図を分類する方法は?

どのようにキーワードの正確な検索意図(インテント)を正しく確定られるのか?きっとこの問題を頭の中で考えていることでしょう!

上記の質問の答えは返されたSERP(検索結果ページ)を閲覧しながら分析するということです。

情報研究意図

これは一番一般的な意図です。普通は返却結果が学習情報や研究情報などの結果を制作するのに検索語句です。返される結果には、Wikipedia、概念的な説明、学術的な例、多くの記事またはブログ投稿、詳細な記事、およびその他のユーザーが回答を見つけたり、特定のトピックへの洞察を提供したりするのに役立つSERP機能などのページなどです。

search-intent

急速に返事を見つけるインテント

研究インテントと異なって、簡単な情報や概念のみを検索する人がかなり多いです。ユーザーは結果ページにあるリンクをクリックして情報を調べたくなくて、早いの答えだけほしいです。

search-intent

この時にはGoogleは定義ボックス(definition boxes)と返事ボックス(answer boxes) と計算ボックス(calculator boxes) と比率とスポーツなどの形式で検索結果を返却します。他のSERPには、返事ボックス機能スニペットの異なるバージョンがあります。 したがって、Webリンクの検索結果のクリック率(CTR)は非常に低くなります。

スポーツのスコアボックスの例ですが、ユーザーがチームのスコアと最終的なステータスをすばやく知りたい場合。

購入インテント

ユーザーの製品を調べまたは購入するインテントはかなり明確であるので、Googleはショッピング項目や通販機能を表示させます。したがって、Amazonなどの電子商取引(Eコマース)ページリンクも検索結果になります

SERPSに返されるいくつかのショッピングボックスは取引インテントの明らかな合図であります。

多くの著名な製品/ eコマースカタログページ(ショッピング結果の隣)および製品レビューの抜粋も取引意図を示しています。

search-intent

ローカル住所検索

ローカルパック-ロケーション結果セット、地理マーカーが最近検索結果に表示されるようになりました。

表示されたマップは、このタイプの意図の最も簡単な兆候です。 Googleがこのタイプのインテントを認識すると、ローカルの場所をすぐに返します。

また、場所を尋ねるとナレッジパネル(ナレッジパネル)に地図が表示されます。

通常、地図は検索結果の上部にあります。これは、場所を検索する意図がある合図を示しています。

search-intent

直感的な検索意図(複数の画像)

ユーザーが画像を見たい場合、SERPは上位100件の結果を表示します。 これらの画像が上位10枚にある場合、この意図の合図はさらに明白です。

または、上位10件の2結果がPinterestなどのサイトに返されるならこれは視覚的な需要の意図はずだ。

SERPsImageに表示される画像の数が画像を閲覧ニーズを表します。1番目の自然な結果に現れます。印象的な画像パッケージは、強い視覚的意図のしるしです。

画像が#1の自然な結果に表示され印象的な画像パッケージを持つのは強い画像インテントの合図です。

search-intent-4

動画検索インテント

最初に画像とともに動画インテントもVisualインテントとして分類しようと思いましたが、検索結果をもっと深く研究してから動画は別のインテントの分類が分かりました。

動画の検索結果、動画のサムネイル、動画での注目のカットシーンがますます人気があっていきます。 ビデオは重要になり、独立したインテントとして分類するのに値する。

これらのビデオスライドは、私たちが目にした最も一般的なインテントビデオの合図です。

ビデオのサムネイルは、ビデオを検索しようとしているユーザーのもう1つのサインです。

search-intent-5

ニュースの検索インテント (News Intent)

検索すると上位結果にはストーリーボックスが見えます。または日・週・月で一番アクセス数が多いの項目のツイート/フェイスブックリンクも結果一覧にあります

検索結果でのトップストーリはユーザーがニュースを検索していることのサインであります。

search-intent-6

ブランドの情報を調べるインテント

ブランド情報調べる目的のクエリは、サイトへリンクするブランドのホームページとして結果を出すことが多いです。

大きなウェブサイトのリンクは、ブランドランド情報調べる意図の明確なサインです。

エンティティとは何ですか? なぜエンティティが2020年に新しいSEOトレンドになるのか?

Split Intent

スプリットインテントは、不明確なインテントのクエリとともに表示されます。

例えば、ベトナムのパンは基本的な分割インテントの例であり、検索結果テーブルがローカルビジネス、ナレッジグラフ、最近のニュースの両方を返します。

キーワードシェルドンもスプリットインテントです。ヤングシェルドン(この映画は非常に良いです)、ビデオクリップ、テレビの放映時間、シェルドンクーパーに関する情報、 等を結果として出現する。

そこで、SERPから明確にわかる9つの検索意図を紹介しました。 シグナルに基づいて、ターゲットとするキーワードの検索インテントを選択し、適切なコンポーネントを使用して記事を展開することで、より効果的に競争することができます。

検索意図(検索インテント)を分析する時によくある質問

検索キーワードの意図を明確に理解できない場合はどうすればいいのか?

検索意図は多種多様で意図の作成もかなり複雑です。

ユーザーは「ネクタイの結び方」を検索したときに動画を検索していることに気付かない可能性があります。ただ記事に説明ビデオがあれば、そのキーワードを上位化することができます。

ユーザーは、「美しい家の塗装のアイデア」を検索するときに画像形式で検索意図知らないかもしれませんが、SERP分析は、美しい家の塗装モデルを検索する意図を見つけるのに役立ちます。

この分析は、ユーザーが何を望んでいるかを理解し、記事のコンテンツを調整するための非常に重要な結果です。

どのように検索意図が変わったのが知りますか?

検索意図が変わると、コンテンツに悪影響をあたえます。 他のサポートツールでこの問題を見つけることができます。

この問題に会う場合は、2年間で上位にあるキーワードはTOP位置を外すようになります。 そのページからのコンバージョン率が低下します。

これはSEO担当者にとって生活の中で毎日起こる通常のことです。 そして、これはコンテンツも変更する必要があるときです!

この場合には、検索結果を見て、何が起こっているかを確認することができます(たとえば、同じコンテンツを持つ競合他社があなたの上位を置き換えます。)

Split intentの処理方針

ユーザーの知りたいことや検索意図に合ってる様にキーワードを開発するために、SERPに明確な意図を示す最初の10リンクの検索結果は常に存在します。

Split Intentには、ユーザーの意図を得ることでメインの検索意図を把握できる経験豊富なSEO専門家が必要です。

しかし、ご存知のように、特定の意図なしに検索することもあります。 ですから、もっと研究するか、いつものようにアイデアを無視するかを選択してください^^!

おわりに

Googleはますます情報を多様化し、検索エンジンを継続的に改良しています。 したがって、ユーザーが自分の生活にこれを解除することができない理由です。

私たちはSEOerとして、Googleのようになります。 メソッドとテクニックを改善します。 ユーザー中心の目標で、私が共有した知識をできるだけ早く適用することをお勧めします。 それほどひどい影響を受ける前に。

新しい知識を適用するときに結果や成果を共有することは、私たちの大きな動機になります。

幸運を

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here