エンティティとは何ですか? なぜエンティティが2020年に新しいSEOトレンドになるのか?

0
163
what-is-entity

エンティティとは2013年に出現され始めましたが、それはまだかなり新しい概念である。誰もがエンティティの概念を完全に理解し、正しくシステムを開発できるわけではありません。

エンティティ(Entity)について学んだとき、少なくない困ったことに直面しました。ですから私はエンティティを深く理解するために世界中のマーケティング業界で長い経験を持つ専門家から勉強しました。

それに私は多くのプロジェクトやケーススタディ等で継続的に色々な検証を実施してだんだんエンティティについての知識を身に付けSEO能力を高めることができます。現在エンティティ分野にある程度自信があります。

エンティティーSEOの将来

今まで自分が身につけた経験やテクニカルチームの実験の努力を踏まえると、これからエンティティの概念やエンティティの行い方法に関する情報について説明させていただきます。

まず、エンティティビルディングシステムの構成に要素になる3つの基本的なSEOマーケティングの概念について勉強します。それはセマンティックウェブ(Semantic Web)とメタウェブ(MetaWeb)とグーグルナレッジグラフ(Google Knowledge Graph)です。

セマンティックウェブ(Semantic Web)

あなたが知っているように,現在インターネットは一番大きいな情報アクセスソースとみられる。2017 年1月までの統計データによりますと、インターネットを使う人数が34億、グーグルに検索数が55億、世界中にウェブサイトが18億あると共に200万を上回るブログやポスト等がインターネットに投稿されているということ分かります。インターネットに出現される情報量が非常に多いだけではなく継続的に更新されていくとみられます。

したがって、検索エンジンにとって情報を集めることや評判の良いウェブサイトの判断やグーグルでウェブサイトの検索結果順位を確定するのは非常に困難です

それに検索件数が多いため一つのキーワードが意味が数々あるのは問題となっている。

例えば、”ワクチン”のワードを入力するならコロナウイルスのワクチンやワクチン会社など色々な結果が出ます。つまり、ワクチンのワードの関連する言葉が多いのでグーグルを始め検索エンジンなどはあなたが言いたいことを正確に理解出来ないということです。

=>ですから、上記に記載される問題を解決のにセマンティックウェブ(Semantic Web)という言葉が生まれた。

Semantic Webは3.0ウェブ又はセマンティック・ウェブが知られ、2006年にワールド・ワイド・ウェブプラットホームを基づいてティム・バーナーズ・リーによって 提唱された。

Semantic Webもリンクトデータアルゴリズムの枠組みから形成されました。

Linked data(リンクトデータ)とは、データベースがインターネット上の情報をつなげるためにリンクするアルゴリズムである。それでセマンティックウェブがより正確の検索結果を返却することが出来ます。

エンティティ作る技術は、セマンティックWebの要素を利用することでGoogleがSEOの分野、つまりあなたのビジネスに関するデータベースを取得し、あなたのビジネスをGoogleで有名なブランドにさせることに従って、Googleがあなたのウェブサイトのコンテンツをもっと理解するのに役立ちます。

メタウェブ(Metaweb)

グーグルはメタウェブを検索エンジンに適用した

MetawebはセマンティックWebに基づくデータベース開発会社です

2010年、Googleはより強く成長しようと期待するので、Googleナレッジグラフとハミングバードアルゴリズムの作動プラットホームとして機能させるためにMetawebを購入して検索エンジンに統合した。

Googleはメタウェブを検索エンジンに適用する自由はその使命が世界中の情報を整理してからアクセス可能で有用なものにすることです。

グーグルナレッジグラフ(Google Knowledge Graph)

グーグルナレッジグラフまたはGoogle Knowledge Graphは、ユーザーが毎日インターネットで検索するキーワードについての数十億データと、そのキーワードの背後にある意味を収集するデータベースです。

Googleは知識図を使用して、インターネットでのクエリと検索から、イベント、モノ、イベント、人、場所を結び付けます。 それから、検索結果はより正確で密接に関連するようになる。

では、エンティティとは何だろうか?

エンティティの要素はSEOに互いに関連しています

エンティティは、単一、ユニーク、確定可能、区別可能の4つの要素を含む。それは 個人、モノ、イベント、場所、形容詞などです。エンティティビルディングは常に、各検索エンジンでウェブサイトの順位を決定する重要な要素の1つと見なされる。

具体的には、グーグルはあなたのウェブサイトを理解しやすいようにオンページSEO内のエンティティはデータを詳しく説明したり情報を簡単にしたりすることに役立ちます。 それから、あなたのビジネスがユニークなブランドだけではなくGoogleの目で評判の良いウェブサイトになります。

私は多くのプロジェクトでエンティティビルディングトリックを適用しましたが、それがSEOプロセスに大きいな効果を与えることに気付きました。 では、SEOエンティティはどれほど重要なのでしょうか。 これから説明します!

エンティティビルディング(Entity Building)のチャンスや潜在

エンティティの効果

SEOに関する仕事を担当者であれば、新しくてユニークな戦略を最初に適用することの大きな利点が分かるでしょうね。 エンティティの使用も同じです。この技術はあなたウェブサイトが高い順位に役立つ。

理由は以下となります。
・5年前に発表されたにもかかわらず、それを知っている人はほとんどいない
・ウェブサイト全体でキーワード全体を促進する力特にエンティティで実施するURL
・展開時間は従来のリンク方式に比べて短く、効果的です(15〜45日)
・ドメイン全体でグーグルとの信頼関係を築き、グーグルからのペナルティを回避し、ウェブサイトが対戦相手によって不適切に再生されるケース(ダーティリンクの撮影)を回避します
・手動レビューの場合にウェブサイトがすばやく回復するのを助けます。 エンティティは、Googleから「完全な」文を受け取った後、GTVがWebサイトとそのランキングポジションを復元するのに役立つ秘密の1つです。

エンティティにより得られたいくつかの結果

紹介したように、私たちがあなたに提供する情報は、さまざまな方法で実験されたことからのものです。 だれよりも、エンティティの最も正確なビューが欲しいですから。

エンティティは、ウェブサイトの保護に重要な役割を果たし、Googleの目に大きな評判をもたらします。

エンティティを作成するプロセス

検証中に基本的な6ステップでエンティティシステムを作成しました。

ソーシャルプロパティリンクシステムを使用:世界の評判の良いソーシャルネットワーキングサイトを使用して、SEO対象の会社または製品のブランドを構築し、それらのソーシャルネットワークをリンクして信頼性を検証しますあなたが本当のビジネスであることをGoogleに信頼してください。

Google Interlinkシステムを使用:GoogleリソースとWeb 2.0をエンティティ認証の統合された統合リンクモデルに接続します。 さらに、インターネット上で簡単にブランド名を特定するためのGoogleボットのサポート。

Googleマップサービスを使用:エンティティの基準に従ってGoogleマップの順位を最適化および改善する目的である。

コンテンツライティング(セマンティックおよびテーマ)の手法を使用:顧客のブランド開発戦略に沿って魅力的なコンテンツを作成する。

Social Entity Review:SEO向けに最適化されたSEO製品レビュー製品およびサービスを使用して、Googleおよびユーザーの目にブランドの信頼を高める。

ソーシャルガイド:評判の良いレビューツールを使用して、ブランドを地理的に検証し、信頼を高め、同時にキーワードランキングをすばやく改善する

エンティティでセマンティックコンテンツを作成してハミングバードとランクブレインアルゴリズムを最適化する方法

では、セマンティックコンテンツとは何ですか? 最適化の目的と方法

セマンティックコンテンツの概念

セマンティックコンテンツは、長い間から世界中の多くのSEO分野の専門家にとって興味のあるトピックでした。

セマンティックキーワードはオンページSEOのプロセスに非常に必要なものだ。具体的には、記事にセマンティックキーワードがあれば、Googleもそれをよりよく理解します。 つまり、セマンティックキーワードは、記事に対するGoogleの信頼を高めます。

セマンティックコンテンツの目的

セマンティックコンテンツを使用する目的は以下の主な目的である。

HummingbirdおよびRankBrainアルゴリズムに対する最適化であること。 コンテンツリンクとともに、RankBrainは検索結果の順位で最も重要な3つの要素の1つです。

Webサイトのテーマの通りに関係を作成します。 Googleがウェブサイトのテーマを早く理解出来るようになる。

現在実装されているウェブサイトが少ない。したがって、セマンティックコンテンツをするとあなたのウェブサイトがGoogleで目立つようになる。

Hummingbird と Rank Brain のアルゴリズムについて

Hummingbirdアルゴリズム

HummingBirdは Googleがユーザーが検索する単語をよりよく理解するのに役立ちます

2013年にリリースされ、ユーザーがインターネットに検索するワードの背後にある意味をGoogleがよりよく理解できるようにする。
2013年から2015年まで、Googleはこのアルゴリズムを推奨していません。 2016年までに、RankBrainはハミングバードをサポートして検索結果のランキングに強い影響を与え、互いの効果を促進する役割を担って誕生しました。

Rank Brainアルゴリズム

AI RankBrainシステムは、Google上にトップ順位結果を分析するのに役立ちます

RankBrainはグーグル上に上位化の結果分析に向けるAI(人工知能)ベースの検索アルゴリズムのことです。(検索クエリとWebページ(ブログ記事)のコンテンツ内容との関連性を判断することでブログ記事の質と意味をもっと理解できるようになる。)

ランクブレインアルゴリズムを最適化するヒント

セマンティックコンテンツを最適化する最もお馴染みの方法は、コンテンツの特定のキーワードではなく、トピックごとに最適化を開始することです。つまり、多くのセマンティックキーワードを含むセマンティックコンテンツを作成する必要があります。

例えば、“日本語学校”を主なキーワードとして最適化して欲しい場合
ヘディング内に主なキーワードを含むURLやタイトルキーワードを追加することのほかに何をしなければならない?
Googleがウェブサイトのコンテンツ全体を分析する際に記事内のすべてのワードを取得し、それらのワードをつなぎ合わせて、記事のコンテンツを作成します。

「日本語学校」というキーワードだけで最適化する方法より、「知識を身に付ける」、「漢字の勉強」、「会話」、「聴解」を含む記事を書くことの方が効果が出せます。Googleはこれらの言葉を接続して、あなたが話していることを識別出来ますから。

そのように、記事はキーワードの内部に詰め込まれていません、セマンティックキーワード(意味のあるキーワード)に従って最適化されます。

この記事では、Entityについて、概念、効率、およびEntity Buildingを構成するマンティックウェブ(Semantic Web)とメタウェブ(MetaWeb)とグーグルナレッジグラフ(Google Knowledge Graph)など必要な知識を共有致しました。 さらに、セマンティックコンテンツを介してエンティティを展開する方法、ハミングバードアルゴリズム、ランクブレーンアルゴリズムについても詳しく説明致しました。

このブログ記事を通じて、Entityをよりよく理解し、このテクニックを会社のWebサイトやプロジェクトに自分で実装していただければ幸いです。 誰もがエンティティを知っているわけではなく、世界中の90%以上のウェブサイトがこの手法を正しく実装していないということです。なのであなたは一生懸命エンティティについての知識を身につけて頑張ってください。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here